レノルマレン魔法学校

空想劇団の第四回公演です。

ある魔法学校のあるクラスの学生のお話。
今日の授業内容はいつもと違うことをするようです。

登場人物

  • Lila Izzard
    ライラ・イザード
  • ツー ユィユィ
    紫 雨雨
  • Shannon Clerihew
    シャノン・クレリヒュー
  • Leon Keighley
    リオン・キースリー
  • Earl Seiwell
    アール・シーウェル
  • Lloyd Follett
    ロイド・フォレット
  • Viola Lear
    ヴィオラ・リア
  • Clyde Macy
    クライド・メイシー
  • Helena Carlton
    ヘレナ・カールトン
本編補足説明など(ネタバレの可能性有り)

【学校・学生の話】
本編に登場する9人はクラスメイトで、D組の学生です。
ちなみにレノルマレンという単語はそんなに理由なくつけました。ごめんよ

・クライド
彼の髪のメッシュは人体実験によるものですが、D組でそれを知っているのはロイドだけです。
たまたまクライドの実験中にロイドが研究室に訪れたときに知られました。
ロイドはよくクライドをからかいますが、実際に実験しているところを見たことがあるので、馬鹿にしているとかではなく、半分誤魔化し半分尊敬、みたいな感じです。
他のD組メンバーは、オシャレで入れてるのかな〜程度に考えているので、メッシュが増えるたびに「また入れたの?」と聞いたりします。


【本編後の話】
まずロイドとライラですが、ロイドの方がライラを多少避けるようになってしまいます。
というより、ライラに怖い思いをさせてしまったこと、また死なないとはいえ無抵抗のライラをこの手で殺したこと、これがずっと引っかかってしまいます。
ライラはロイドが優しい人だというのはわかっているのでそこまででもないのですが。
2人のモヤモヤは、2人以外のD組メンバーにも伝わるくらいです。
一度D組全員がいる場でロイドが感情的になってしまい場の空気が重くなるのですが、流石に居ても立っても居られなくなったアールがロイドをぶん殴ります。
普段めちゃめちゃ大人しくて手を上げない優しいアールなので、全員ものすごく驚きますし、ロイドも何が起こったのか把握するのに時間がかかるのですが。
それくらいの出来事があったので、なんとか2人は仲直り(別に喧嘩はしてない)できるようになりました。
なるのですが……

※この先すっっっっっごい闇要素強いので、閲覧注意です↓








その後は端的に言えば、全員卒業前に死にます。
実際に戦闘をしなければならない状況に置かれるのですが、相手が強すぎて、クライドとライラ以外全員殺されてしまいます。
殺され方はまあ考えていますが、本当にグロofグロなので機会があればどこかで話します。年齢制限つくほどのグロですごめんね。
クライドとライラは生き延びるのですが、クラスメイトを助けられなかった、自分がクラスメイトを殺したようなものだ、と感じてしまい……。
結局2人は心中するというのがD組の結末です。